キッチンの給湯器に関する水のトラブルは自己解決できるのか

キッチンにお湯がでる給湯器を設置している家庭も多いでしょう。古い住宅に設置している場合が多く、寒さ厳しい季節でもスイッチ一つでお湯を出すことができる便利な装置です。水のトラブルのひとつに給湯器 交換が必要になる場面もあります。

■故障した給湯器の扱いは危険

給湯器が壊れたまま使い続けると命の危険があることをご存知でしょうか。キッチンに備える給湯器は、ガスを使って水を温めてお湯を出します。そのため、何が原因で壊れているのか分からない状態のまま、どこかがおかしいと思いつつ使っているとガスによる爆発が起こることも考えられます。
ひとまず給湯器のスイッチを入れずに、ガスの元栓を確かめてください。家を留守にするときにガスの元栓を締めたことでガスが通っていない可能性があります。また、プロパンガスを使っている場合はプロパンガスの残量が少ないことも考えられます。

■給湯器の調子が悪いのは給水管に原因がある可能性も

給湯器のトラブルが故障なのかどうかは素人には判断が難しいかもしれませんが、ガスの元栓やプロパンガス残量のほかにも、給水管にトラブルが起きている可能性があります。
給湯器本体に水を送るための給水管が破損している場合、水が漏れてしまいます。本来蛇口から水やお湯が出るはずの給湯器なのに、全く別の場所から水漏れが確認できる場合は給水管の破損が考えられるので使用を中止します。給水管の修理は専門業者でなければ取り扱えないので早めに連絡を入れましょう。

■まとめ
キッチンで起こる水のトラブルとして、給湯器 交換が必要なのかどうか判断しにくいときは、迷わずに修理屋さんへ相談してみましょう。お湯を出している最中に湯温が低くなってしまう場合は換気が不足していることも考えられるので、キッチンで給湯器を使う場合は必ず換気扇を回すか、窓を開けるなど空気の通りを良くしましょう。

クラシアン
トイレのつまり、蛇口の水漏れ、排水口のつまり等、水のトラブルはクラシアンにお任せ下さい!24時間365日対応、0120-511-511までお電話下さい。年間80万件以上、業界No.1の対応実績!「くらしに安心を提供する」くらしあんしんクラシアン。

クラシアンへのお問い合わせ